*小梅日和*

猫とガーデニングと平凡な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハートの湖と小さないきもの。

120831-5.jpg 

さて、ここはどこでしょう~?
って、わかる方は誰もいないと思います。^^;

我が家から車で南東へ2時間。
北海道の背骨とも言われる日高山脈の先端、えりも町にある目黒地区。
ここにハート形の湖として知る人ぞ知る豊似湖があります。

日高山脈襟裳(えりも)国定公園の中にある唯一の自然湖は周囲がわずか1km
程しかありませんが
湖岸で全貌を見渡してもハート型には見えません。

なのでハート型をイメージして見物にこられた方はものの1分で帰られてしまいます。^^;


ってことで航空写真をお借りしました。

f0147821_12565643[1]

ちょっぴり形はいびつだけれど、緑の中に浮かび上がる真っ青なハート形の湖・・可愛いですね~^^

この写真を見て道内のかたはお気づきになったかもしれませんが
『白い恋人』でおなじみの石屋製菓さんのCMに登場するのがこの豊似湖です。




<小梅のキモチ : 9月も色々予定が入っていますが、元気に頑張りましょう~ヾ(⌒▽⌒)>



120814-3.jpg

国道から9kmちょっと。
氷河が運んだ岩盤などが谷を埋めて、そこに水が溜まり 出来たのがこの湖だそうで、
あたりを埋め尽くすごつごつした岩石にはコケやシダが生い茂り
これまで見てきた森林とはかなり雰囲気が異なりました。

太古からある森にもかかわらず大木が少ないのは、足場の悪い岩場に根を張った樹木が
地震や強風でたおされたためでしょうか?(私の勝手な推測ですが。)

コケに覆われた倒木の株元に幼い若木が育っているのをみると、
小学生の時、学芸会の演劇でやった『森は生きている。』を思い出してしまいました。

熊が出ることで地元の方には有名な場所だそうで(!?)
駐車場から湖までわずか200mほどの距離ですが、晴天の昼間でも薄暗い遊歩道を
一人で歩くのはかなり度胸が要りますね。^^;


120814-2.jpg
薄暗い岩場の遊歩道を抜けると森に囲まれた湖が姿を現します。

ハート形の湖をモチーフにした看板に描かれているのは・・まさか、ナキウサギ!?
そんな情報は仕入れていなかったのでちょっとびっくり。
でも、えりも町のお隣、様似(さまに)のアポイ岳にはナキウサギがいるそうなので
ここに居ても不思議ではないのかぁ・・。

そんなことを考えながら、湖岸で今日の獲物を狙います。(魚釣りじゃ~ぁ、ないですよ。)



120814-8.jpg
ハート形の一番下の凸部分から撮影。
広角レンズでも入りきらないし・・
やっぱりハート形には見えないし・・。^^;



獲物・・なかなか現れないなぁ・・・。




120814-7.jpg
暇なのでキノコをパシャリ!
秋だねぇ。   (・・8月半ばだったけど。)


あっちをブラブラ、こっちをブラブラしていると
オットがカメラを構えて固まっています。

キタ*・゜゚・*:.。..。.:*・゚(≧∀≦)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!!!


来た来た、来ました!

今日のお目当ての登場です♪


120814-5.jpg
きゃ~~~、なんて可愛いんでしょう!!

野生のシマリス(エゾシマリス)を見るのは初めてです。
シッポの先までシマシマなんだぁ。^^



120814-4.jpg
もちろん、背中も綺麗な縞模様♪
冬に見たエゾリスよりも随分小さいです。(エゾリスがデカすぎるのよねぇ。^^;)




120814-6.jpg
岩の隙間を出入りしながら、あまりこちらを警戒する様子もなく
一心不乱に赤い実(桑の実)を食べています。



120814-1.jpg
もう少し背景が綺麗な場所だと良かったんだけど・・贅沢は言えませんね。
初対面にしては上出来、上出来^^


この日は大満足で家路に着きましたが、やっぱりあの看板が気になる・・。

その後も足しげく通ったオットの情報によるとエゾライチョウにも遭遇したそうだし・・
やっぱりもう一度 行きた~~い!! (/* ̄∇ ̄)o れっつらご~♪


・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・。・


という事で、2度目の豊似湖です。(^^ゞ



120831-4.jpg
前回は曇天でしたが、この日はピーカン♪
それでも鬱蒼と木が生い茂る森の中へ入ると、薄暗くて思うように撮影できません。
平らな場所がないので500mmのレンズ+三脚使用のオットも悪戦苦闘していました。



120831-7.jpg
300mmレンズに三脚なしの私は身軽だけれど、やっぱり手持ちじゃブレ写真を量産です。^^;

まぁ、そんな簡単にヤツは現れないだろう・・と、カメラのセッティングを始めるオットを置いて
まずは湖をぐるりと1周してみることに。



120831-8.jpg
笹の葉が風に揺れてガサガサ音を立てるたび、足がすくんでしまいます。
やっぱり来なきゃ良かったかなぁ・・。
ちょっぴり心細くなって対岸からオットの居る岸辺を見るも、人影は見当たらず・・。

この時、オットからは木の枝から人(私?)がぶら下がっている様に見えていたそうです。
・・縁起でもない・・。^^;



120831-9.jpg



120831-6.jpg
大きな木が湖に向かって倒れていました。
その表面ではまた新たな命たちが育っていました。
倒れてもなお、誰かを支えているんだね。





120831-10.jpg
湖をじーっと眺めていると、風の動きがよくわかります。
湖面が俄かに波立ち、乱反射した光たちがこちらへ近づいてくると 
木の葉や枝が大きくゆれて、涼やかな風が辺りの生ぬるい空気を連れ去ってくれます。

風が止むと徐々に湖面は穏やかになり、やがて鏡のように周りの景色を映し出します。

「もう少し・・もう少しで、鏡面反射の森の風景が撮れる!」
シャッターを切ろうとした瞬間、前方の地際でガサゴソと音をたて何かが動く気配を感じました。
と、突然「ビーーーッ、ビーーーッ」と大きな鳴き声が!

オットと二人、顔を見合わせ「どこどこ?どこで鳴いてるの???」




120831-1.jpg
「ここだよ。ここ、ここ。 もぉ、まだ気付かないの?」
岩の隙間に逃げ込む小さな茶色い生き物・・。
これこそ、今日のお目当てナキウサギ(エゾナキウサギ)さんではありませんか!!

日陰と日向を忙しなく動き回るナキウサギに、カメラの設定変更が間に合わず
辛うじて撮れた証拠写真です。

ナキウサギはオスとメスでは鳴き方が違うそうで、
私たちが聞いた声の主(多分、この写真の子)は女の子のようでした。




120831-2.jpg
写真としてはお見せできるような代物じゃぁありませんが、
貴重な貴重な記録としてUpしておきます。
もう、次はいつ会えるかわかんないもんね。


ナキウサギはよく「氷河期の生き残り」や「生きた化石」と形容されますが
北海道のエゾナキウサギは今から7万年前~1、2万年前にヒグマなどと共に
サハリン対岸の大陸からサハリン経由で移住してきたものなので、形容の仕方は不適切である。
・・らしいのです。^^;



エゾナキウサギはユーラシア大陸北部に広く分布するキタナキウサギの亜種で
日本では見られるのは北海道だけ。(この表現もちょっと怪しいらしい?)
その中でも北見山地や大雪山系、夕張山地や日高山脈などの主に800m以上のガレ地に生息しているそうですが
エゾナキウサギの生息地にエゾシカが進出していることで
20ヶ所あった生息地が10ヶ所に半減していたとの調査結果があるそうです。

この湖の周りにもエゾシカの糞が落ちていました。

大雪山へ行かなければ会えないと思っていたナキウサギにこんなに簡単に会えたのは本当にラッキーなことだったけれど
実情を知れば知るほど、何だかやるせない気持ちになりました。

今でも日本にオオカミがいたら・・本当に生態系が崩れずに済んだのでしょうか?

ヒグマだけでも怖いのに、その上オオカミがウロウロしている森なんて・・
絶対に近づけないなぁ。^^;






興味のない方には退屈なお話でしたね。
それでも、最後まで読んでくださった皆さん ありがとうございました。m(_ _*)m






関連記事

テーマ:自然の写真 - ジャンル:写真

  1. 2012/09/03(月) 17:25:47|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<~Beautiful Rain~ | ホーム | ムンステッド・ウッドとサンダースホワイト>>

コメント

興味ありあり~♪

先ほど、テレビで黒岳登山を見てたばかりです。
エゾシマリスも写ってました。今日は羆記事をネッ
ト内で読みましたが改めて怖さを感じた次第です。
この数年は、街中出没も多々で何処も彼処も気を
つけないと駄目ですね。

CM見た後に、この湖へはどうやって行くの?と地
図から道路を追った事がありますよ。
湖の水が乳白色?翡翠?不思議な色なんですね。

良い物を見せて貰いました。
  1. 2012/09/03(月) 18:04:06 |
  2. URL |
  3. ひかる #-
  4. [ 編集 ]

ひかるさんへ

こんばんは~^^

興味を持ってくださる方がいて嬉しいです。
色々調べた甲斐がありました~♪

私も以前からこの湖の事は知っていましたが
空撮ばかりの映像で、一般人が見に行けるような場所ではないと
勝手に思い込んでいました。

地元では馬の蹄鉄に似ている事から「馬蹄湖」 と呼ばれ、
砂利道ながらも思ったよりずっと道が整備されていました。

行くたびに2~3組の観光客に合い、はるばる茨城からいらしていた若者もいましたよ。
ただ、一様に皆さんがっかりして帰られるので
「シマリスやナキウサギが居ますよ。」って声を掛けるのですが
あまり興味がなさそうでした。(残念)


一応皆さん、熊除けの鈴や笛を持ち歩いていましたが
最近のニュースでは、山奥よりも町中の方が熊に遭遇しやすいのか?と感じてしまいますね。^^;

湖の色は初めて行った時は曇天でよく解らなかったのですが
2度目に行った時は見る場所(順光、逆光?)によって色が違う事に気づきました。
航空写真を見ても、色にずいぶん違いがありますね。
一体どれが本当の色なんでしょうね~???
  1. 2012/09/03(月) 20:21:49 |
  2. URL |
  3. くぅ# #-
  4. [ 編集 ]

ハートの湖!リアルな写真で私もすぐそばまで行った気になってます(笑)ありがとうヽ(^。^)ノ
ご主人と同じ趣味で撮影に行けるのは羨ましいです。心強くて安心ね!
  1. 2012/09/04(火) 11:01:20 |
  2. URL |
  3. TERUKO #-
  4. [ 編集 ]

こんにちわ(◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ)

お久しぶりです

~Beautiful Rain~ の記事から読ませていただきましたが
くぅさんの優しい人柄がそのまま現れているのでしょうね。
いつもながら、゚+(艸゚Д°)シュ、シュテキッ★なお写真と
優しい文章ですね。

ナキウサギ、可愛いですね♪(゚▽^*)ノ⌒☆
調べてみましたが、上野動物園にもいないみたいです。
それを、肉眼で見られるなんて羨ましいです。

いつかゆっくり北海道を歩けたらなんて思っていますが
そのころは、ナキウサギはどうなってるんでしょうか?
増えていれば良いのですが・・・
でも、ヒグマと遭遇の可能性ありなんでしょうか?
ちょっと・・・ いえ、う~んと怖いです~ (〃゚д゚;A アセアセ・・・

次はどんな動物を紹介していただけるのか
楽しみにしてますね~ (^_-)☆
  1. 2012/09/04(火) 13:13:27 |
  2. URL |
  3. ミモザ #-
  4. [ 編集 ]

terukoさんへ

こちらにもコメントありがとう~(人´∀`)

terukoさんもこの夏はお出掛けして、楽しい思い出がたくさん出来たのでは?
もぉ~、ブログ はじめたら良いのにぃ~( ̄ー ̄)ニヤリ

  1. 2012/09/05(水) 09:25:25 |
  2. URL |
  3. くぅ# #oM6tt0T6
  4. [ 編集 ]

ミモザさんへ

ミモザさん、こんにちは~!
こちらこそご無沙汰していましたが、お元気そうで何よりです。^^

文章多めの記事にお付き合いくださり ありがとうございます。

>くぅさんの優しい人柄がそのまま現れているのでしょうね。
好感度i-184 i-184狙いの記事にまんまとひっかかりましたね~!?( *´艸`)

職場では結構キツイ事をズバズバ言うし、実の親には全然優しくないしぃ~
ホントは凄くイヤな奴なんですよ・・ワタシ。i-278

ナキウサギ、調べてくれたんですね~!
そう言われれば、稀少な動物は動物園に居ることが多いのに、ナキウサギは例外ですね?

本州からだと、飛行機で旭川に降り黒岳へ行かれるのが最速かな?旅行会社によってはナキウサギに会いに行くプランなどもあるみたいですよ。^^
色々調べてるうちに、私も行きたくなっちゃった(笑)

ミモザさんちは毎年ご夫婦で世界遺産巡りするのが恒例なんですね~?
知床へはもう来られたのでしょうか?

自然の中で見る生き物たち、本当に生き生きとしていますよね。
そんな様子が伝わるような良い写真が少しでも多くお見せできるように 頑張りますね~☆(´ゝ∀・`)ノシ

  1. 2012/09/05(水) 10:01:35 |
  2. URL |
  3. くぅ# #oM6tt0T6
  4. [ 編集 ]

こんばんは~♪

シマリス可愛い~ホントに可愛いわぁ~
それだけではあきらめない、くぅちゃん、さすがですね。
ナキウサギ発見!
これまた凄いです。
小さいのですね。
シマリスと見た目、どちらの方が小さいですか?
滅多に、お目にかかれない可愛い動物に出会えたのも、日ごろの行いの良さですね。
良かったですね~。

クマが出没しないように鈴や笛を持ってあるくんですか?
犬はパーンと言う花火や運動会のピストルの音が大嫌いで、ベルも小さな音でも聞こえたら最後、ブルブル震えるし尻尾丸めて必死に家にかえりたがりました。
だから夏に公園の近くを通ると爆竹のような音がするので要注意でした。
クマが出る時は、そのクラッカーのようなものを持ち歩いたら、熊も側に来ないとか、ないかしらね~。
そんな簡単なことではないですね。
  1. 2012/09/09(日) 21:13:57 |
  2. URL |
  3. ベルママ #-
  4. [ 編集 ]

ベルママさんへ

コメントに気づかず、お返事遅くなってごめんなさいです~

シマリスは本当に可愛いくって大興奮で撮影しました!
ナキウサギはこんなに簡単に会えると思わなかったので夢のようでした~(〃▽〃)

エゾシマリスの大きさは頭と胴体だけで12~15cm、尻尾だけで11~12cmだそうで
ナキウサギの方は頭と胴体が18~20cm、尻尾は2cm弱だそうで
シマリスの方がはるかに小さいですね。
ちなみに私が冬によく撮影するエゾリスは尻尾を除いた体長が22~27cm(尻尾を入れると50cm強!)なので
シマリスと見比べるとバケモノみたいに大きく感じます^^;

北海道では単独で山に入るとき、熊除けに笛や鈴を持ち歩くのが常識ですね。
他にラジオをかけたり、爆竹を鳴らすと言う知人もいます。
複数で入る場合は常におしゃべりをして、熊に「ここに人間がいるよ~近づかない方がいいよ~」と知らせる事が大事だと言われます。
でも、匂いに敏感な熊は人間の食べ残した残飯につられて近づいてくることもあるようなので
山で食事する事は避けた方が良いでしょうね^^;

カイ君で脚光を浴びた北海道犬(アイヌ犬)は熊に立ち向かう勇敢な犬として知られていますが
爆竹もラジオも無かった時代、先住民のアイヌの人たちには大切なパートナーだったのも納得できますね^^
  1. 2012/09/13(木) 06:30:15 |
  2. URL |
  3. くぅ# #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koumenokimoti.blog81.fc2.com/tb.php/562-2158e4d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くぅ

Author:くぅ
Welcome to my blog !
カメラはまだまだ下手っぴですが、写真を撮るのが大好きです。
クレマチス、バラ、クリスマスローズ、宿根草・・大好きな花々と4匹の猫に囲まれて、ブログも庭造りものんびりコツコツ頑張っています。^^

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

猫 (34)
ガーデニング (116)
室内ガーデニング (23)
4月の庭 (5)
5月の庭 (8)
6月の庭 (8)
7月の庭 (3)
8月の庭 (3)
9月の庭 (1)
10月の庭 (3)
11月の庭 (2)
季節の花々 (9)
バラとヘレボとクレマチス (208)
バラ (27)
クリスマスローズ (25)
クレマチス (92)
クレマチスと庭の花 (20)
バラと庭の花 (3)
クリスマスローズと庭の花 (7)
バラとクレマチス (21)
バラとクリスマスローズ (3)
クレマチスとクリスマスローズ (7)
平凡な毎日 (65)
風景・景色 (41)
おでかけ (54)
生き物 (47)
お知らせ。 (2)
未分類 (0)

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。