*小梅日和*

猫とガーデニングと平凡な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

野鳥シリーズ第三弾~研究林・カラ劇場~その2


写真が多くなりましたので、記事を2つに分けました。
引き続きおつきあいくださいませ。m(_ _*)m



先週末はオホーツク海へ流氷を見に行く予定だったのですが、オットの仕事の都合が悪く、延期になりました。
しょうがないのでまたしても苫小牧の林へ向かうことにw

結果は???
そうそう期待のスター(クマゲラ)は現れてはくれないんですよー。
会えるまで通うのか?^^;

そうそう。期待のスター・・と言えば・・
研究林へ足を踏み入れてすぐの場所で見るからに高そ~うなレンズをつけたカメラマンが二人座り込んで、何かを待っているようでした。
聞けばリスが現れると言うではありませんか!!
あぁ~リスさん、見たい!!!!!
でも、話好きなおじさん(どこにでもいるのね。笑)によると、「この時間、おねむみたい。」
ですって。
ん?もう、朝の9時ですけど???
まさか、リスって夜行性!? ・・・モモンガじゃあるまいしねぇ。^^;
ま、どのみち今日は会えそうもないので先に進むことにしましたが、やっぱりいつかはリスさんにも逢いたいなぁ♪

っで、結局撮れたのはいつものカラ軍団なんですけどねwww

ちょっと今回は衝撃映像です。(笑)
もちろん、私は初体験でした!


続きの方で、ゆっくりご覧になってくださいね。^^


IMG_4945-1.jpg



<小梅のキモチ : 写真は雪がチラつくの中のゴジュウカラ。
かの俳人小林一茶もシジュウカラとゴジュウカラの見分けに苦労したのかしら?( *´艸`)>





カラ劇場~その2~そんなに懐いて良いんですか!?

広い林のとある一角へ入ると、小鳥たちが急に騒がしくなりました。
カメラを構えて辺りを見回すとカラたちが次々私たちのそばへ集まってきているようでした。

何故?どうして?わけもわからず構えたカメラのレンズに突進してくる輩まで出てきました。
もしや???
オットが手を差し伸べると・・・



IMG_4476.jpg
乗ったぁ~~~!!!!!@@!!!!!

一見シジュウカラに似ていますがコレはノーネクタイのヒガラ(日雀)さん。
シジュウカラ類の中ではもっとも小型(全長11cm)で小さな冠羽があります。→クリック→110213higara.jpg



IMG_4491.jpg
続いてやってきたのは蝶ネクタイにベレー帽のハシブトガラ。


IMG_4493.jpg
ぉお!! Σ( ̄ロ ̄屮)屮 次から次へとやってきます。


IMG_4496.jpg
小林一茶はシジュウカラとゴジュウカラの見分けに苦労されたようですが、私はハシブトガラとコガラの見分けが未だに付きません。^^;

本州ではコガラしか見られないそうなので間違うことはないのでしょうが、この2種は兎に角そっくり!
本にも「屋外での識別はかなり難しい」と書かれていました。
見分け方の解説を読むと
「頭部の黒い羽毛に光沢がなく、翼の次列風切が白っぽく見える」のが、コガラだそうだけど・・
写真でみてもサッパリ解りませんーー;


さて、話しは戻ってこのカラたち。
どうしてこんなに人懐こいの?
てか、こりゃ、明らかに何かを狙ってますね???
さては、誰かが餌付けでもして慣らしたのかなぁ~。
などと思いつつ歩いていくと・・・

110207tomakomai.jpg
居ました!張本人。(爆)

初めて行ったこの日はこのおじさんしかエサを持っている人は居ませんでしたが、後日訪れた日曜日は、バードウォッチャー&カメラマンも多く その殆ど?がこうして野鳥のエサを持参しておりました。
例に漏れずワタクシ達も。^^;

どれどれ。
エサを手にとり、そーっと差し出すと・・・






キターーーーーーーーーーーーーーーーッ!!ヽ(≧▽≦)/

110213tomakomai-1.jpg
↑ハシブトガラ。

なまらめんこい。(//▽//)ポッ (=「凄く可愛い」の意。)



110213tomakomai-4.jpg
↑ゴジュウカラ。

ハシブトガラは『ちょこんと止まる』って感じですが、ゴジュウカラは『グワシッっとつかまる』と言う感触でしょうか。^^

 ・・あぁ・・それにしても私の写真はピントが甘いですねぇ。オットの写真を見るたび凹みます。il||li _| ̄|○ il||li

まぁ。そんなことはさておき。

本当だったら野生の生き物に人間がエサをあげるなんていけないことなのかもしれませんが(ましてや鳥インフルが拡大しているこの時期。大汗。)、
小さな子供たちが寒い中、静かにじーっと手を差し伸べて小鳥が乗ってくれるのを待っている姿を見ると
こんな風に野生の生き物と触れ合うのも有りなんじゃないかな~?なんて思った日曜日でした。^^


シジュウカラにちなんだ句をもう一句。

110213sijuukara-1.jpg

一茶とは対照的に芭蕉の句はとても奥が深いですね。
さて、皆さんはどちらがお好きですか?^^

人の手からエサをもらう他のカラたちを尻目に、シジュウカラは木柵の上に置かれたリス用?のヒマワリを一生懸命ついばんでいました。
カラ類の中ではもっともポピュラーなシジュウカラですが、実は一番警戒心が強いのかもしれません。
間違っても我が家に来るシジュウカラが、手の上に乗ることはありえませんカラ。(笑)


関連記事
  1. 2011/02/16(水) 21:04:15|
  2. 生き物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<玄関の中の小さな春。 | ホーム | 野鳥シリーズ第二弾~研究林・カラ劇場~その1>>

コメント

始めまして~ ((*_ _ ぺこっっ★
Mikeさんのところから来ました~

今までも、ときどきMikeさんのところからお邪魔させていただいてました

先日のふくろうの記事も面白かったです~

以前、北海道に旅行したときに始めてゴジュウカラを見ましたが
手乗りになんてなるんですね

お花の話は勿論大好きなんですが
動物関係・・・特に野生の動物の話も大好きなんです

また、素敵なお写真見せていただきに
お邪魔させてくださいね (*^-^*) ニッコリ☆
  1. 2011/02/16(水) 22:26:36 |
  2. URL |
  3. ミモザ #-
  4. [ 編集 ]

ミモザさんへ

はじめまして~^^

コメント残して下さってありがとうございます♪
いつも自分から声を掛けるばかりで、あまり声を掛けられることが無いので
はじめましてのコメントはとっても嬉しいです。(≧∀≦)

Mikeさんのところで時々お名前を拝見していましたよ。
でも今は更新以外ほとんど携帯からしかネットを見ていないので、
失礼ながらミモザさんがブログをお持ちだったか?確認が出来ません~(汗)
次回お越しの際はぜひURLを入れて頂けると嬉しいです<(_ _*)>
その前に自力で探し出すかもしれませんがね。(笑)

北海道へ来られた事があるのですね?
ゴジュウカラなんかはあまり街中では出会えませんね。
まさか野生の鳥がこんなに簡単に手に乗るなんて、夢にも思っていなかったので
とっても感激しましたよ~!

写真は下手くそながら自己満足(開き直り?)でアップしております。^^;

お花の少ないこの時期は、生き物ネタが多くなり心苦しく思っていましたが
そう言って頂けると幸いです!
またいつでも遊びにいらして下さいね~(^-^)/
  1. 2011/02/17(木) 08:00:17 |
  2. URL |
  3. くぅ# #-
  4. [ 編集 ]

凄い~♪

凄いですね~。
この青い鳥が五十雀なんですね。
それにしても、くぅちゃんの手の白いこと、とっても綺麗な手に鳥と会話しているような素晴らしい写真、もう感激!です。
スラ~ッとした指をしっかりと掴んでいるゴジュウガラ、そしてハシブトガラはじっとエサを見つめている姿。
どちらも真っ白な手の平とバックに、わずかに落ちている丸い雪・・・
見れば見るほど素晴らしいです。
とてもステキな写真を見せて下さって、どうも有難うございます。
きっと今晩は夢にでてきそうです。
  1. 2011/02/17(木) 20:31:02 |
  2. URL |
  3. ベルママ #-
  4. [ 編集 ]

ベルママさんへ

こちらへもありがとうございます~^^
昨夜は夢に出演させていただけたでしょうか?(笑)

『手だけは綺麗ね。』って、よく褒められます!
手だけなんですけどね。^^;
オットが撮った写真の中でも、この二枚が私も特にお気に入りです♪

ゴジュウカラは本当に食いしん坊で、一度に3つもエサをくわえて行きます!
その場では食べないで、近くの木に留まって食べるんですよ~
私がガン見していても堂々としたものでしたよ^m^

こんなに近くで(てか、触ってるし。)野鳥を見たのは初めてだったので
とっても興奮しました~!

見ていただいてありがとうございます♪
  1. 2011/02/18(金) 08:04:18 |
  2. URL |
  3. くぅ# #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは^^

四十とか。五十とか・・いやっ。
違うから・・(笑)

オチとして・・、
くぅ#ちゃんの手にはきてくれなかった。。というのが良かったのにな。(笑)

それにしても・・ほんとに。
なまらめんこーい(めんこいは知ってたよ。)
野鳥もココまで餌付けが出来るんだねぇ。。^^
私もお手手にのせてみたいな^^
  1. 2011/02/19(土) 21:43:46 |
  2. URL |
  3. sae #NkOZRVVI
  4. [ 編集 ]

ぎゃーーーーっ!!
ここ行きたい!手乗りしたい!なにこれ、ちょー可愛いーv-356

小さい頃の私の夢を(小さい頃は小鳥が大好きだった)具現化したような画像でございます。。

ハシブトガラにマジボレv-402

ベルママさんも書いてらっしゃるけど、あなた手が綺麗よね~^^
だからあたしのボロクソなお手手に、いろいろイチャモンご心配してくれるのね…v-389
ハ~、私も夢に見そう。。あなたの手に乗ってる夢。

小鳥みたいなままこっちですカラ。
  1. 2011/02/20(日) 17:48:30 |
  2. URL |
  3. ままこっち #9L.cY0cg
  4. [ 編集 ]

saeちゃんへ

おはよ~^^

夜勤明けでそのまま遠出しておりまして、お返事遅くなりました~ごみん^^;

四十とか、五十とか…けしてsaeちゃんの事じゃないけれど(爆)、
いくつになってもこんな小鳥のように可愛くありたいよね?(そーゆー話題ではないけど。^;)

期待通りのオチじゃなくてごめんなさいね~オホホ。
でもね。ホントになまら、めんこいっしょ?私の手が!(爆)

saeちゃんは餌付けが得意そうだから、
小鳥以外の生き物もお手手にのせてそぉ~^^♪
私は餌付け下手だから、小鳥で我慢しておくね^^
↑微妙にレスの意味あいが違ってますか?^^;
  1. 2011/02/21(月) 08:43:22 |
  2. URL |
  3. くぅ# #-
  4. [ 編集 ]

ままこっちんへ

やっぱりね~
にらんだ通りだわ。ニヤリ。

あーた、公には公表してないようだけど、実はかなりの野鳥マニアでないの???

ここはお子様連れの家族には持って来いな場所だと思うわ~。
寒いけど、ゲームばかりして家にこもっているより、何十倍も素敵な体験が
しかも無料で出来るんだものね!
やっぱりそれにはまず、親に興味がないとね~
一度、キャンプ道具持参で家族で来てみ。
フェリーが着く港の近くだよ~!(笑)

ままこっちんの手にイチャモン付けるのは、そーゆーつもりでないのよ~(≧∀≦)
あぁ。美しすぎる手は罪なのね~(爆)

小さくて小鳥のように可愛いあなたも(私も?)
来年9月にはシジュウですカラ。(笑)
  1. 2011/02/21(月) 08:46:30 |
  2. URL |
  3. くぅ# #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koumenokimoti.blog81.fc2.com/tb.php/439-4fd40355
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くぅ

Author:くぅ
Welcome to my blog !
カメラはまだまだ下手っぴですが、写真を撮るのが大好きです。
クレマチス、バラ、クリスマスローズ、宿根草・・大好きな花々と4匹の猫に囲まれて、ブログも庭造りものんびりコツコツ頑張っています。^^

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

猫 (34)
ガーデニング (116)
室内ガーデニング (23)
4月の庭 (5)
5月の庭 (8)
6月の庭 (8)
7月の庭 (3)
8月の庭 (3)
9月の庭 (1)
10月の庭 (3)
11月の庭 (2)
季節の花々 (9)
バラとヘレボとクレマチス (208)
バラ (27)
クリスマスローズ (25)
クレマチス (92)
クレマチスと庭の花 (20)
バラと庭の花 (3)
クリスマスローズと庭の花 (7)
バラとクレマチス (21)
バラとクリスマスローズ (3)
クレマチスとクリスマスローズ (7)
平凡な毎日 (65)
風景・景色 (41)
おでかけ (54)
生き物 (47)
お知らせ。 (2)
未分類 (0)

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。