*小梅日和*

猫とガーデニングと平凡な毎日

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

手紙

皆様、お盆休みは如何お過ごしですか?
お忙しい中、今日も拙いブログに立ち寄ってくださりありがとうございます。

今日はちょっと長めの文章ばかりの内容になってしまいます。
お花の話題でも猫の話でもありません。
私のココロにふれた日常の出来事を綴りたいと思います。
お時間の無い方は、どうぞスルーして下さいね。


私のお友達はもう知っていると思いますが、私は介護の仕事をしています。
一口に介護と言っても様々ですが、私が勤めているのはいわゆる<グループホーム>。
認知症を患っている方たちの自立を支援する施設です。
自立を支援する・・・つまり、寝たきりにさせない
と言う考えです。
まぁ、難しい話はさて置き。
今日そんな職場である歌を聞きました。

日中施設の利用者さんが過ごす<居間>でその曲は流れています。
いつもはゆっくり歌詞を聞く暇も無いのですが、今日はわりとのんびりした1日だったので
その曲をじっくり聴くことが出来ました。
タイトルも今日初めて知りました。
最近ちょっと話題になっている?ようなので、ご存知の方もいるかしら?
その歌詞を今日は紹介したいと思いました。


IMG_0050



タイトルは~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・
『手紙~親愛なる子供たちへ』

年老いた私が ある日 今までの私と違っていたとしても
どうかそのままの私のことを理解して欲しい
私が服の上に食べ物をこぼしても 靴ひもを結び忘れても
あなたに色んなことを教えたように見守って欲しい

あなたと話す時 同じ話を何度も何度も繰り返しても
その結末をどうかさえぎらずにうなずいて欲しい
あなたにせがまれて繰り返し読んだ絵本のあたたかな結末は
いつも同じでも私の心を平和にしてくれた

悲しい事ではないんだ 消え去ってゆくように見える私の心へと 
励ましのまなざしを向けて欲しい

楽しいひと時に 私が思わず下着を濡らしてしまったり
お風呂に入るのをいやがるときには思い出して欲しい
あなたを追い回し 何度も着替えをさせたり 様々な理由をつけて
いやがるあなたとお風呂に入った 懐かしい日のことを

悲しい事ではないんだ 旅立ちの前の
準備をしている私に 祝福の祈りを捧げて欲しい
 
いずれ歯も弱り 飲み込む事さえ出来なくなるかも知れない
足も衰えて立ち上がる事すら出来なくなったなら
あなたが か弱い足で立ち上がろうと私に助けを求めたように
よろめく私に どうかあなたの手を握らせて欲しい

私の姿を見て悲しんだり 自分が無力だと思わないで欲しい
あなたを抱きしめる力がないのを知るのはつらい事だけど
私を理解して支えてくれる心だけを持っていて欲しい
きっとそれだけでそれだけで 私には勇気がわいてくるのです

あなたの人生の始まりに私がしっかりと付き添ったように
私の人生の終わりに少しだけ付き添って欲しい
あなたが生まれてくれたことで私が受けた多くの喜びと
あなたに対する変わらぬ愛を持って笑顔で答えたい

私の子供たちへ 愛する子供たちへ



原作詞:不詳
訳詞:角 智織
補足詞:樋口了一
作曲:樋口了一


・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

如何でしたか?
ちょっと重たい内容だったかな?(^^;;



この歌が出来た経緯などはこちら↓のサイトへどうぞ。
                  http://www.kadokawa.co.jp/sp/200903-01/index.php

You Tube↓もありました。
      http://www.youtube.com/watch?v=VIys43kR5S0

興味を持った方がいらしたら、ご覧になってみてくださいね。





<小梅のキモチ : 子育ても大変。介護も大変。人間だろうと、ペットだろうと。。。>


関連記事
  1. 2009/08/13(木) 21:24:50|
  2. 平凡な毎日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
<<墓参り | ホーム | ゼラニウム>>

コメント

こんばんは~♪

凄く感動しました。
「大沢悠里のゆうゆうワイド」は車に乗るといつも聞いてますが、この詩はは残念ながら聞いてなかったです。
でも、くぅさんが載せて下さったので、大沢悠里さんの朗読をじっくり聞かせてもらって、じ~んとなりました。
樋口了一さんの歌も聞かせてもらって、しみじみと見ました。
義母の事を思い出しました。
私の心がもっと広い人間だったら良かったのに・・・
  1. 2009/08/13(木) 23:29:27 |
  2. URL |
  3. ベルママ #-
  4. [ 編集 ]

私の母に言われているような気がします。

若い頃は母はスーパー、ウルトラ働き者でした。
父が病気で働けなくなった分も、頑張って仕事していました。

そんな母だから、今はなるべく好きなようにさせてあげたいのに、
制約しなくてはいけないのが悲しいですね。
転んでまた骨折しないように、

でもディでは紙しばい見せてもらって
楽しんで笑ってるところ、テレビで見た人から様子を聞きました。
残念ながら私は見なかったのです。
ローカルのニュースだったようです。
楽しんでいる母のことが判り良い知らせでしたね。(^。^)y-.。o○
  1. 2009/08/13(木) 23:30:16 |
  2. URL |
  3. natuki #-
  4. [ 編集 ]

他人事では有りません

家内に「良い詩」が有るよと言い、PCを見せると・・・・その詩は数ヶ月前にプリントしてもらったよ!との返事・・・私も詩の仲間入りが近いかも。

「くぅ♯さん」は介護の仕事をしているとの事、納得・・・説得力もあります。

我が家も、私の親、家内の親と切れ目無く介護の日々でしたが、数年前に皆が「風になりました」。
今は夫婦二人だけの生活、気がつけば自分達の身を考える年に成りました。
もし許されるなら、もう暫らく「おだやかな日々を送らせてほしい」と思う毎日です。
  1. 2009/08/14(金) 08:45:20 |
  2. URL |
  3. タケ #-
  4. [ 編集 ]

若い頃、先輩の先生が口癖のように言っていたこと、
「年寄りを笑うな、いつか歩く道ではないか」・・・。

俳優の山城新伍さんが亡くなられましたよね。
晩年は、と言ってもまだ70歳でしたが、
ホームを終の棲家として、だったそうですが、
一世を風靡した方の人生の幕引きにとしては、少し寂しすぎるような気もしました。
この世に生まれてきた以上、誰もがいつかは死にゆく運命。
自分にもいつかそのときが来るわけですが、
僕自身は、自分の死に方よりも、
後に残していく家族が毎日の生活に困らぬよう、
できる限りのことをしてやって、それから安心していければいいなと思っています。
できれば、最期の日まで元気なままで・・・。

いつもお疲れ様。
気分転換、お忘れなく。
  1. 2009/08/14(金) 14:22:14 |
  2. URL |
  3. ゆべし #HfMzn2gY
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/08/14(金) 16:02:31 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

良い話をありがとう

 3年前に亡くなった親父を思い出しながら読みました。
  くぅちゃん ありがとう。
  1. 2009/08/14(金) 19:53:27 |
  2. URL |
  3. ヒデ #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは。
くぅちゃん、ブログへのコメントありがとうね。嬉しかったです。
ご無沙汰ばかりしてごめんなさいね。

この詩を読むと、ほんとそうだなって思いますよ。
自分を反省させられると同時に、その一方で耳が痛い・・・。

私は、義父はもういませんが、あと3人の親は健在です。
義父に対しては優しく送ることが出来ました。
あと3人の親に対しても温かい気持ちで見ていてあげなくては・・・
でも自分はどこまでできるんだろう。。。。。できる自信があると、はっきり言えないのも事実です。
優しい気持ちを持ち続けられるだろうか・・・・。

ベルママさんもおっしゃっていますが、広い心を持ちたいと思いました。
身内へ・・・というのは無償の愛ですものね、親を思う気持は当たり前のことなのでしょう・・・
でも世間には親子を巡るつらい事件がいろいろありますね。そういうのは悲しいこと。
現代は何かが足りないのでしょうね・・・そういう意味でも考えさせられました。
  1. 2009/08/15(土) 17:58:08 |
  2. URL |
  3. 菫 #B6hI6adY
  4. [ 編集 ]

菫さんへ

こんばんは♪
早速お返事いただき、ありがとうございました。

生活の環境が一変してしまって、菫さん初め他のお友達ブログへも思うようにお邪魔できなくなりました。
お互い自分のペースを崩さず、ブログを楽しめるのが一番ですね。
私の場合、更新はハイペースでも訪問はスローペースになってきています。
こんな私ですが、これからもよろしくお願いしますねi-236

記事、読んでくださってありがとうございます。
この記事に対する皆さんのコメントこそが本当の<手紙>なんじゃないかと思います。
下手なお返事で台無しにしないように、心の引き出しに大切にしまわせていただきますね。
  1. 2009/08/16(日) 00:11:46 |
  2. URL |
  3. くぅ# #oM6tt0T6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://koumenokimoti.blog81.fc2.com/tb.php/176-bedfd376
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

くぅ

Author:くぅ
Welcome to my blog !
カメラはまだまだ下手っぴですが、写真を撮るのが大好きです。
クレマチス、バラ、クリスマスローズ、宿根草・・大好きな花々と4匹の猫に囲まれて、ブログも庭造りものんびりコツコツ頑張っています。^^

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

猫 (34)
ガーデニング (116)
室内ガーデニング (23)
4月の庭 (5)
5月の庭 (8)
6月の庭 (8)
7月の庭 (3)
8月の庭 (3)
9月の庭 (1)
10月の庭 (3)
11月の庭 (2)
季節の花々 (9)
バラとヘレボとクレマチス (208)
バラ (27)
クリスマスローズ (25)
クレマチス (92)
クレマチスと庭の花 (20)
バラと庭の花 (3)
クリスマスローズと庭の花 (7)
バラとクレマチス (21)
バラとクリスマスローズ (3)
クレマチスとクリスマスローズ (7)
平凡な毎日 (65)
風景・景色 (41)
おでかけ (54)
生き物 (47)
お知らせ。 (2)
未分類 (0)

月別アーカイブ

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。